Author: Kimiko

カビがあなたの体にどういう影響を与えるか知っていますか?

カビの体への影響 もしかしたらこういうことを経験した人もいるかもしれません。もし経験がないなら想像してみてください。サンドイッチを食べようとしたらパンに数か所、小さい緑のカビがはえていました。お腹もすいていたしすでにサンドイッチは口の中に入ってしまっていました。さあ、あなたならどうしますか?カビは一体どんな影響が体にあるのでしょう?食べたら死んでしまうのでしょうか? よくある話 実はカビは日常生活でよくある話です。アメリカの農産省によるとカビは植物や動物に住みついている微視的真菌だそうです。この世にいくつの真菌が存在しているかはまだ誰も知らないそうです。おおよそ30万以上の種類の真菌が惣菜すると言われています。 カビが好む環境 カビは糸状の微生物で真菌とよく似た特徴があります。カビの胞子は空気中、水中そして昆虫などに乗って移動します。カビが繁殖しやすい環境は温暖で湿度が高い場所です。そして様々なサイズや形で繁殖します。 いつも同じではない カビは常に同じように食べ物の表面にわくだけではありません。形状や色は様々で、埃上だったりふわふわしていたり、黒、グレー、白、黄色、そして緑いろだったりします。2020年、東洋医学のスペシャリストであるカーラ・ゲルヴァシオ医師はカビは食べ物の表面だけではなく、空気中や台所のカウンターにも繁殖することを証明しました。ということは私たちの食器やスポンジにも繁殖しているのです。 食べ物が腐っている カビと言えばほとんどの人が食べ物が腐っていると思うでしょう。食べ物が腐りやすいか、腐りにくいかをあらかじめチェックすることは大切です。その食べ物の性質や腐り方を知っていると気を付けることが出来ます。 違い 腐りやすい食品は魚、牛乳、フルーツ、肉や野菜が挙げられます。もし冷蔵庫が無ければ短時間で腐ってしまうアイテムです。乾燥していたり冷蔵庫の中だと数週間持つ場合があります。腐りにくい食品はシリアル、ナッツなどで常温でも長い間腐りません。 腐った食品を調理しないこと 腐った食品を調理するのはグッドアイデアとは言えません。それは体にとても害があるからです。腐った食品に熱、光、湿気を加えて調理することによってその食品が有害になります。そして調理した腐った食品は微生物の恰好な繁殖場所となります。 化学防腐剤などの保存剤 食品がすぐに腐ってしまうのは不便です。食品を長持ちさせるために化学防腐剤を使用して腐らないようにしています。化学防腐剤を使用するとその食品がベストの状態で長い間もつようになるのでとても経済的です。 からくり 防腐剤の中にはブチル化ヒドロキシトルエンなどが含まれています。これはマーガリンのような脂肪分が多い食品の長時間保存を促進します。ドライフルーツやドライココナッツには湿度を吸い取る保湿剤を使用することが多いです。 抗生物質と抗真菌剤 防腐剤に加えて抗生物質も食品に加えられているケースが多いです。例えば鶏肉、魚や缶詰には必ずと言っていいほど抗生物質が注入されています。そうすることによってそれらの食品に真菌やカビが繁殖するのを防ぐことが出来ます。チーズやパン、果物やフルーツジュースにはプロピオン酸ナトリウムやソルビン酸が加えられています。 見栄えのため 食品の見栄えのために使用される防腐剤もたくさんあります。着色料やソディウム硝酸塩などが代表的な物ですが、これらの過剰使用は体に有害なため批判対象になりやすいです。しかしこれらの防腐剤を使うことによってその食品にカビが生えることが少なくなります。 食品防腐剤の良し悪し 食品産業では食品防腐剤の使用についての議論が多く繰り広げられてきました。例えば防腐剤を一切使用していない肉はすぐに色が変わるので店頭でも全然売れません。現代の食品衛生基準をクリアするためにはある程度の防腐剤の使用が必要なのです。 どんなサインがあるのか 食品が腐っているかどうかどうやってチェックすればいいのでしょう?まず一番に賞味期限をチェックしましょう。もし賞味期限が過ぎていたらまずその食品を食べるべきではありません。次に食品の色が変わっているかどうかを見ましょう。例えば白パンが黄色や緑に、緑の野菜が黒くなっていたら要注意です。…